コンテンツへ移動
Being and nothingness. a phenomenological essay on ontology 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー
確認中…

Being and nothingness. a phenomenological essay on ontology

著者: Jean-Paul Sartre; Hazel Estella Barnes
出版: New York [etc.] : Washington Square Press, 1992.
エディション/フォーマット:   書籍 : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
データベース:WorldCat
概要:

The often criticized philosophy of Jean-Paul Sartre encompasses the dilemmas and aspirations of the individual in contemporary society. This work of power and epic scope provides a vivid analysis for  続きを読む

評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

 

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類: 図書
すべての著者/寄与者: Jean-Paul Sartre; Hazel Estella Barnes
ISBN: 9780671867805 0671867806
OCLC No.: 442270994
注記: Izv. stv. nasl: L'être et le néant.
物理形態: LII, 811 str. ; 21 cm.
その他のタイトル: L' être et le néant.
責任者: Jean-Paul Sartre ; translated and with an introduction by Hazel E. Barnes.

レビュー

編集者のレビュー

出版社によるあらすじ

"There can be no doubt that this is a philosophy to be reckoned with, both for its own intrinsic power and as a profound symptom of our time."

 
ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

まずはあなたから!

類似資料

関連件名:(1)

この資料を含むリスト (1)

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

リンクデータ


<http://www.worldcat.org/oclc/442270994>
library:oclcnum"442270994"
library:placeOfPublication
library:placeOfPublication
owl:sameAs<info:oclcnum/442270994>
rdf:typeschema:Book
schema:author
schema:contributor
schema:datePublished"1992"
schema:exampleOfWork<http://worldcat.org/entity/work/id/179247784>
schema:inLanguage"en"
schema:name"Being and nothingness. a phenomenological essay on ontology"
schema:publisher
schema:url
schema:workExample

Content-negotiable representations

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.