コンテンツへ移動
Child obesity 1: analysing its prevalence and causes.
閉じる資料のプレビュー
確認中…

Child obesity 1: analysing its prevalence and causes.

著者: F Milligan 所属: Chelsea and Westminster Hospital NHS Foundation Trust, London.
エディション/フォーマット: 記事/論文 記事/論文 : English
出版:Nursing times, 2008 Aug 12-18; 104(32): 26-7
データベース::MEDLINE®/ PubMed®
概要:
This is a two-part unit on childhood obesity, which is a major public health concern. With rising levels of the condition it is increasingly obvious that early intervention is key to halting this trend. This first part outlines the prevalence and definition of obesity, and also explores its causes and possible interventions.
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

関連情報:

 

&AllPage.SpinnerRetrieving;

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類: 記事
すべての著者/寄与者: F Milligan 所属: Chelsea and Westminster Hospital NHS Foundation Trust, London.
ISSN:0954-7762
言語注記: English
固有識別子 264765032
受賞歴:

概要:

This is a two-part unit on childhood obesity, which is a major public health concern. With rising levels of the condition it is increasingly obvious that early intervention is key to halting this trend. This first part outlines the prevalence and definition of obesity, and also explores its causes and possible interventions.

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (1)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

類似資料

この資料を含むリスト (1)

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

リンクデータ

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.