コンテンツへ移動
Das Grundgesetz des elektrischen Stromes : drei Abhandlungen 1825 und 1826, 1829 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー

Das Grundgesetz des elektrischen Stromes : drei Abhandlungen 1825 und 1826, 1829

著者: Georg Simon Ohm; Gustav Theodor Fechner; Carl Piel
出版: Frankfurt am Main : Verlag Harri Deutsch, 1996.
シリーズ: Ostwalds Klassiker der exakten Wissenschaften, Bd. 244.
エディション/フォーマット:   book_printbook : German : 2. Auflすべてのエディションとフォーマットを見る
データベース:WorldCat
この資料のオンライン版を取得中… この資料のオンライン版を取得中…

オフラインで入手

配置場所と利用可否を確認中… 配置場所と利用可否を確認中…

WorldCat

世界の図書館の所蔵状況
この資料を所蔵している世界の図書館

詳細

ドキュメントの種類: 図書
すべての著者/寄与者: Georg Simon Ohm; Gustav Theodor Fechner; Carl Piel
ISBN: 3817132441 9783817132447
OCLC No.: 84157806
物理形態: 45 pages : illustrations ; 19 cm.
シリーズタイトル: Ostwalds Klassiker der exakten Wissenschaften, Bd. 244.
責任者: Georg Simon Ohm, Gustav Theodor Fechner ; herausgegeben von Carl Piel.
注記を取得中… 注記を取得中…

レビュー

ユーザーレビュー

タグ

まずはあなたから!

類似資料

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.