コンテンツへ移動
The blood of the insane
閉じる資料のプレビュー
確認中…

The blood of the insane

著者: Richard Noll
出版: Sage Publications
エディション/フォーマット: 記事/論文 記事/論文 : English
出版:History of Psychiatry, 17, no. 4 (2006): 395-418
データベース:ArticleFirst
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

関連情報:

 

&AllPage.SpinnerRetrieving;

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類: 記事
すべての著者/寄与者: Richard Noll
ISSN:0957-154X
言語注記: English
固有識別子 437643759
受賞歴:

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (1)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

類似資料

この資料を含むリスト (1)

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

リンクデータ


<http://www.worldcat.org/oclc/437643759>
library:oclcnum"437643759"
owl:sameAs<info:oclcnum/437643759>
rdf:typeschema:Article
schema:creator
schema:datePublished"2006-12-01"
schema:description"The history of serological investigations of the blood of the insane is traced from the initial such study in 1854 by a solitary Scottish asylum physician, who counted the blood cells of his lunatic patients under a weak microscope, to the January 2005 announcement by an international team of geneticists of the development of a genomic blood test that can differentially diagnose schizophrenia and bipolar disorder. The story of the first claim of the development of a blood test for madness in 1912 -the Abderhalden defensive ferments reaction test -is related in detail. Studies of the blood of the insane have followed four general methodological paradigms: the corpuscular richness paradigm (1854); the metabolic paradigm (c. 1895); the immunoserodiagnostic paradigm (1906); and the medical genomics paradigm (2005)."
schema:exampleOfWork<http://worldcat.org/entity/work/id/73950208>
schema:inLanguage"en"
schema:isPartOf
schema:isPartOf
schema:name"The blood of the insane"
schema:pageStart"395"
schema:publisher
schema:url

Content-negotiable representations

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.