コンテンツへ移動
The invisible ideology of white light
閉じる資料のプレビュー
確認中…

The invisible ideology of white light

著者: Richard Misek
出版: Taylor & Francis
エディション/フォーマット: 記事/論文 記事/論文 : EN
出版:New Review of Film and Television Studies, 8, no. 2 (2010): 125-143
データベース:ArticleFirst
その他のデータベース: Elsevier
評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

関連情報:

 

&AllPage.SpinnerRetrieving;

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ドキュメントの種類: 記事
すべての著者/寄与者: Richard Misek
ISSN:1740-0309
言語注記: EN
固有識別子 615454070
受賞歴:

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (2)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

  • bnf  (by 1 ユーザー)
  • lumiere  (by 1 ユーザー)
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

リンクデータ


<http://www.worldcat.org/oclc/615454070>
library:oclcnum"615454070"
owl:sameAs<info:oclcnum/615454070>
rdf:typeschema:Article
schema:creator
schema:datePublished"2010-06-01"
schema:description"This paper explores the role of white light in film history. It argues that, though we live our lives immersed in 'white' daylight, the historical hegemony of white light within moving images has been far from inevitable. The paper elaborates this claim by focusing on how and why Technicolor Inc. predicated its infamous but influential 'law of emphasis' on white balanced lighting, and by foregrounding ways in which subsequent uses of and discourses about colour in film have assumed the presence of full-spectrum light. Having drawn attention to this imperceptible - and so, until now, unnoticed - visual ideology, the paper then explores cinematic challenges to the hegemony of white light in films including South Pacific, Querelle and Chunkging Express."
schema:exampleOfWork<http://worldcat.org/entity/work/id/481267241>
schema:isPartOf
schema:isPartOf
schema:name"The invisible ideology of white light"
schema:pageStart"125"
schema:publisher
schema:url

Content-negotiable representations

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.