コンテンツへ移動
The use of insanity in 資料のプレビュー
閉じる資料のプレビュー
確認中…

The use of insanity in "King Lear".

著者: Samuel Logan Sanderson
出版: 1925.
エディション/フォーマット:   書籍 : Manuscript   アーカイブ資料 : English
データベース:WorldCat
評価:

評価数: 1 件 1 件のレビュー

関連情報:

 

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

資料の種類: Manuscript
ドキュメントの種類: 図書, アーカイブ資料
すべての著者/寄与者: Samuel Logan Sanderson
OCLC No.: 56156839
注記: Masters essay. Columbia University.
物理形態: 1 v.

レビュー

ユーザーレビュー

WorldCatユーザーのレビュー (1)

Why Shakespeare Made Lear Mad

Samuel Logan Sanderson observes that King Lear is not mad in Shakespeare's sources, and argues that Shakespeare injected Lear's madness into the play in order to motivate the behavior of Lear's daughters.

  • このレビューは役に立ちましたか?
  •   
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

すべてのユーザーのタグ (5)

人気のタグを表示: タグリスト | タグクラウド

リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.