Taking the naturalistic turn, or, How real philosophy of science is done : conversations with William Bechtel ... [et al.] (書籍, 1993) [WorldCat.org]
コンテンツへ移動
Taking the naturalistic turn, or, How real philosophy of science is done : conversations with William Bechtel ... [et al.]
確認中…

Taking the naturalistic turn, or, How real philosophy of science is done : conversations with William Bechtel ... [et al.]

著者: William Bechtel; Werner Callebaut
出版社: Chicago ; London : University of Chicago Press, ©1993.
シリーズ: Sciences and its conceptual foundations.
エディション/フォーマット:   紙書籍 : Biography : Englishすべてのエディションとフォーマットを見る
概要:

This innovative book presents candid, informal debates among scholars who examine the benefits and problems of studying science in the same way that scientists study the natural world.

評価:

(まだ評価がありません) 0 件のレビュー - 是非あなたから!

件名:
関連情報:

オフラインで入手

&AllPage.SpinnerRetrieving; この資料の所蔵館を検索中…

詳細

ジャンル/形式: Interviews
Entrevistas
entrevistas
資料の種類: Biography
ドキュメントの種類 書籍
すべての著者/寄与者: William Bechtel; Werner Callebaut
ISBN: 0226091864 9780226091860 0226091872 9780226091877
OCLC No.: 318281021
物理形態: xxii, 553 p. : il. ; 25 cm.
シリーズタイトル: Sciences and its conceptual foundations.
その他のタイトル: How real philosophy of science is done
責任者: organized and moderated by Werner Callebaut.

レビュー

ユーザーレビュー
GoodReadsのレビューを取得中…
DOGObooksのレビューを取得中…

タグ

まずはあなたから!
リクエストの確認

あなたは既にこの資料をリクエストしている可能性があります。このリクエストを続行してよろしければ、OK を選択してください。

ウインドウを閉じる

WorldCatにログインしてください 

アカウントをお持ちではないですか?簡単に 無料アカウントを作成することができます。.